電子タバコはここで買おう!通販サイトランキング

VEPESTUDIO

  • レーダーチャート

    5

VEPESTUDIOは株式会社トレードワークスが運営するお店の1つです。この会社は東京の渋谷で拠点を構えて活動しています。またこのお店は電子タバコを販売していて、店頭と通販の両方で対応をしています。その電子タバコを販売しているベイプスタジオの店頭は10店舗あり、すべてが東京都内となっています。

店頭は渋谷スペイン坂、新宿駅東口と西口、池袋駅の東口と北口、有楽町駅、吉祥寺駅、赤坂見附駅、神田駅、渋谷明治通りとなっています。なお店頭の場合は各店舗によって営業時間が異なります。一方で通販の場合は電話受付を平日の10:00から17:00まで行っています。

このお店では電子タバコの器具やリキッド、バッテリーやコイルなど様々な商品を販売していますが、店頭では300種類程度のリキッドや新商品などを無料で試すことができるとしています。一方でインターネット会員に対しては10パーセントオフで買えると宣言をしていたりします。

VapeVillage

  • レーダーチャート

    4

VapeVillageは、ベイプヴィレッジと読み、電子タバコを製造したり、販売したりしている会社です。ここでは、様々なメーカーの電子タバコを扱っていますので、自分に合った電子タバコを購入することができるのではないでしょうか。

電子タバコには、様々なメリットがあります。まず、電子タバコに必要なリキッドは、タバコを一本購入するよりも一回分の購入単価が安く済むことが多いです。ですので、タバコを吸いたい人にとっては嬉しいことではないでしょうか。

また、電子タバコの場合、有害物質を含まない水蒸気しか出しませんので、タバコの煙で他人に迷惑をかけることがありません。さらに、電子タバコの場合、吸い殻が出ませんので、ポイ捨てをすることがありません。

Frienbr SHOP

  • レーダーチャート

    4

最近は電子タバコも一般的になってきましたが、電子タバコともちょっと違うフレンバーを御存知でしょうか。喫煙効果はなく完全にフレーバーを楽しむというもので、リキッドと呼ばれる液体を蒸発させ、水蒸気の味と香りを楽しむためのアイテムです。香りの元となるリキッドはフレンバーショップで取り扱っているものとして10種類以上あり、その日の気分で変えれるのも魅力です。

ニコチンやタールは入っていないので、タバコの葉を燃焼させるタバコとは全くの別物で、匂いやヤニを気にする必要はありません。しかし、利用時には水蒸気もでますので、これから禁煙をしようという人にも最適な商品です。

Frienbr SHOPで取り扱っているリキッドは大阪の工場で製造・生産が行われており、1つ1つの工程をしっかりと確認した高品質のリキッドのみを販売しているので安心して楽しむことが出来ます。

VAPEJAPAN

  • レーダーチャート

    4

電子タバコ専門店であるVAPEJAPANは全国に代理店がありますが、近くに代理店がないという人は便利な通販ショップを利用することができます。全て正規品が取り扱われているため、安心して購入することができます。

通販ショップのベイプジャパンでは様々な種類の商品がそろえられています。初めて電子タバコを使用する人におすすめのスターターキットや女性向け商品、温度管理機能が付いたものやチューブタイプ、ペンタイプなどもあります。

配送料は一律500円となっていますが、5,000円以上購入すると送料は無料になるためまとめて購入するとお得です。また普通郵便であれば送料が無料になるサービスが受けられます。

e-Tabaco

  • レーダーチャート

    3

e-Tabaco(イータバコ)は、日本向け(日本仕様)電子タバコのパイオニアです。大手電子タバコメーカーである中国のJoyetech社に商品開発させて作った、日本仕様(日本向け)の電子タバコを販売しています。

商品の企画・開発、販売を行う上で、最も重視しているのは安全性で、取り扱う商品は、EU加盟国の基準を満たす「CEマーク」が付いているものに限定しています。また、製造元での検品に加えて、日本でも当社スタッフが全商品を実際に試し、詳細に検品してから出荷しています。

また、業界初となるカスタマーセンターを開設しているので、サポートも万全です。カスタマーセンターでは、専門知識を持ったスタッフが常駐し、お客様からの注文や質問への対応、故障や不良品への対応、交換品の検品などを行っています。

VAPEPOWER

  • レーダーチャート

    3

VAPEPOWERでは電子タバコの入門セットを購入することが出来るので初めて利用する人でも安心して購入することが出来ます。電子タバコに必要な付属アイテムが全て揃った状態で購入することができ、届いたその日から始める事が出来ます。

ベイプパワーではどの様な商品が人気であるのかを知る事が出来ると共に、人気の電子タバコをいち早く購入することが出来ます。分かりやすい写真表示と商品の特徴が記載されているので、サイトを見るだけでどのような商品であるかを詳しく知る事が出来ます。

電子タバコを使用する際に必要なバッテリー、充電器などの付属品を購入することが出来ます。使用している電子タバコの調子が悪くなった際には、メンテナンスに必要な部品や器具類を購入することも出来るので自分でメンテナンスする事が出来ます。

日本の電子タバコにはニコチンは入っていない

タバコにはいろいろな害があるとされ提案す。その外の一つにニコチンがあります。ニコチン自体は色々な植物に含まれています。沢山摂取すると中毒症状が出る場合があり、どんどんニコチンが欲しくなります。
つまりはタバコを吸いたくなる状態になります。ニコチンそのものが肺などに大きな影響を与えるわけではないですが、タバコを吸えば自然に煙などを吸います。ですから体をむしばむことがあります。あまり中毒性のあるものを利用するのはよくないかもしれません。電子タバコは、主に欧米で利用されています。そして日本にも入ってきています。
海外で売られているものには、ニコチン入りのものがあります。一方、日本で売られているものにはニコチンは入っていません。入っていないので中毒症状に陥ることもありません。どんどんすいたくなることはないでしょう。


電子タバコは煙ではなく水蒸気を吸う

タバコの楽しみ方としては、火をつけ、そこから出て来る煙を吸うことになります。ただたばこを加えていても、ほとんど香りは入ってきません。吸い口から主に吸い込むことになりますが、燃えている部分からも煙は出ています。
タバコに害があるといわれているのは、煙の部分です。吸い込む部分にも先端部分からも出ていて、先端部分から出る煙は受動喫煙の恐れがあります。そのために最近は禁煙区域が広げられています。体に悪いものが周りの人に行かないよう、いろいろなルールが決められています。電子タバコの場合はどうかですが、タバコと同じように煙のようなものが出てきます。
吸ってはくのも白い煙なので煙のように感じる人もいます。実は煙ではなく水蒸気です。たばこの煙に含まれるような外もないので、その煙を他人が吸ったとしても、大きな害はありません。


電子タバコは比較的安く楽しむことができる

タバコは現在ひと箱400円近くします。原料がそれなりにかかるためにその値段が付いているかですが、そうではありません。たばこにはたばこ税といわれる特別な税金がかけられています。日本においては税率が65パーセント程度となっています。
税金の塊といってもいいかもしれません。税金の支払い負担を嫌う人の中には辞める人もいますが、辞められない人も多いとされます。そこで注目されているのが電子タバコです。たばこに比べると安価に利用できるとされています。たばこといわれているなら、タバコ税がかけられているのかです。電子タバコといっても、タバコの葉等は入っていません。
日本では専門会社がつくっていますが、その会社がつくっているわけでもありません。ですからたばこ税は入っていません。税金が入っていないので、それなりに安価で楽しめるようになっています。

カテゴリ

PAGE TOP