電子タバコはここで買おう!通販サイトランキング

top > 電子タバコ情報 > 米国における電子タバコの健康被害

米国における電子タバコの健康被害

電子タバコが流行している米国では、健康被害が報告されています。
ブームとなて利用者が急増していましが、健康に悪影響があることから法律による規制の動きが見られます。
米食品医薬品局(FDA)には、製品を使用したことによって生じた健康被害について、多くのクレームが寄せられていることが明らかになってきています。
製品を使用したことによって生じる問題は、心疾患や呼吸器の障害が主なものとなっています。
それに付随して頭痛や咳、めまいなど多様な症状が報告されています。
水蒸気とはいえ、異物を体の中に取り込むタイプの製品ですので、安全性については厳密に管理すべきところです。
しかし、新しい製品であるということもあり粗悪品が出回る可能性が否定できません。
ケートリッジを熱したことで、不要な化学物質が発生し、これが呼吸器系に悪影響を与える事例が過去にありました。
米国では健康リスクのある製品の利用規制の動きがあります。



幅広い層に支持される電子タバコ

電子タバコは火を使わない新しいタイプの嗜好品であると、国内でも若者を中心に流行し始めています。
有害物質を含む副流煙を全く外に出すことがないため、他人に迷惑をかけない点も支持される理由となっています。
但し、マナーやモラルが求められるのは言うまでもありません。
海外ではスタイリッシュな見た目が、ファッションと捉えられ、所有する喜びを感じる人も少なくありません。
ファッションモデルや芸能人などがファッションリーダーとなり、雑誌やSNSで使用している姿を好評することで、今までタバコに興味のなかった層にも訴求してきてます。
女性や若い世代など幅広い層に支持されていることが特徴の一つです。
煙(水蒸気)を簡単に出すことができるため、吸い方を遊びと捉えて、吸っている姿を動画サイトに投稿するなど楽しみ方も多彩なものとなってきています。



電子タバコの上手な選び方とポイント

タバコをやめたくてもやめられない、そんな方を中心に人気が高いのが電子タバコです。
一口に電子タバコといても、ニコチンを含むもの、全く含まないもの、様々です。
カートリッジを加熱するタイプやリキッドタイプ、完全に使い捨てなど、形式も物によって異なりますが、ほぼすべてでにおいが殆どなく、周囲への配慮にもなると言われています。
副流煙を気にしなくていいのもメリットですね。
最近では、ニコチンの代わりにビタミンなどの栄養素を含んだものもあり、女性に比重を置いたカラフルなデザインも多く発売されています。
値段も様々ですが、本体に数千円、使うカートリッジやリキッドが数百円~千円程度と言うものが多いようです。
お店によっては、試し吸いが出来るところもあるようです。
ぜひ、自分にぴったりの電子タバコを探してほしいですね。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP