電子タバコはここで買おう!通販サイトランキング

top > 電子タバコ情報 > 電子タバコの未成年の利用はOKなのか

電子タバコの未成年の利用はOKなのか

電子タバコは有害物質が出ないために、おしゃれアイテムとして、若者にウケているといった背景から、未成年でも利用できそうに考える人も少なからずします。
実際のところ、法律が整備されておらず、規制の対象としにくい面がありましたが、販売店の自主規制などで原則として、未成年者には売らないといった判断となっています。
お店の判断にまかされていますが、本物の喫煙行為にもつながりかねませんので、その入口となり得る電子タバコの利用も20歳を過ぎてからOKとするような規制内容となることが望ましいと言えます。
未成年が吸っても、法律上は違反となりませんが、あえて利用を避けることを推奨します。
海外製品では、本当に健康被害が報告されており、成長途中の未成年に悪影響を与えたくないといった配慮があります。
保護者の立場でも、実態を知らない方がいるかもしれませんが、未成年が使用するにはリスクが伴うものだと認識すべきです。



電子タバコの利用をお勧めしたい人のタイプとは

見た目がタバコのような電子タバコですが、仕組みは大きく異なっており全く違った特性を持つ製品です。
例えば、火を使わずリキッドを加熱することで生じた水蒸気を吸って楽しむ製品ですので副流煙が全く発生しません。
有害物質が煙となって周囲に拡散する心配がありませんので、使用する上でのハードルは低くなっていると捉えることができます。
国内で流通する製品には、ニコチンが含まれていないために、ヘビースモーカーの禁煙時の代替品として利用するには、少々物足りないと感じるかもしれません。
むしろライトユーザーがオシャレ感覚で、味や香りを楽しむのに適した製品であると言えます。
仕事で溜まったストレスを解消するために、ガムや飴を属するのと同じような感覚で電子タバコを楽しむと良いでしょう。
この意味では、喫煙経験者よりも、いままでタバコと無縁だった層がハマる可能性もあります。



あえて電子タバコに変える理由とは

電子タバコが普及してきましたが、街中の喫煙スペースやたばこ売り場を見ても、まだまだ従来型のタイプのたばこが支持されています。
変えるのが面倒だし、わざわざ本体を買わなくてはいけないので若干ハードルが高いと感じるかもしれませんが、あえて電子タバコにするだけの理由がしっかりあります。
一番大きいのは、従来型に比べて健康にいいという面です。
有害な化学物質が少なく、健康被害が小さいといわれています。
また、これは自分の体に対してだけでなく、受動喫煙になる周囲の人に対しても同じです。
周囲の自分の大切な人の健康を損ないながら吸っているたばこって、よく考えたら悲しいことです。
また、喫煙者に対しての世間の評価は一部の心無い喫煙者のマナーで下がっていますが、電子タバコを普及させていくことでポイ捨てや路上喫煙もなくなり、迷惑行為が減ってイメージアップも可能です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP